primal scream / st

creation records

CRELP 054

LP

1989

UK

 

2ndです。

クレジットは youg,gillespie,innes,tomanov の4人だけで、ベースの記述はなく、 martin duffy はこの頃はまだサポートメンバーとしてクレジットされています。

何で今この盤かと言うと、リイシューされたものが値下がりしていたので、買おうかなーと思っていたら運よく我が家のレコ棚からオリジナルが発見されたというよくあるパターンのやつです。

未だにダブりは未経験ですが、最近は滅多にレコ屋に掘りに行くこともなくなり、リイシューか新譜をオンラインでちょこちょこっとしか買っておらず、さらにレコードを聴くことからも少々離れているのでカンが鈍っているというか、自分の所有物を忘れかけているという傾向が見られるので気をつけたいところではあります。

 

f:id:altra:20181030221059j:plain

f:id:altra:20181030221119j:plain

f:id:altra:20181030221137j:plain

f:id:altra:20181030221359j:plain

 

ここもしばらく更新していなかったので、久々に重い腰を上げたのですが、更新していない間に大量のレコが蓄積されてしまい、どこから手を付けていいかわからず結局2枚しか写真を撮れなかったというのが今日の報告です。

asian kung-fu generation / 崩壊アンプリファー

spectrum management

SPJL-001

LP (reissue)

2014

JP

 

2014RSDで初アナログ化された1stEPです。

彼らのアナログは軒並み高騰化しているのにこれはリリース時から一貫して人気がないのか定価以下で売っていますね。

まだ探せば新品もありそうです。

私はこれと君繋は結構思い入れがあるのであるので予約してまで買いましたけどね。

久々に聴きましたが、やはり彼らはこのぐらいの時が好きですね。

 

f:id:altra:20170615124712j:plain

 

f:id:altra:20170615124727j:plain

 

カッティングは表記がないので不明です。

 

ついに真打登場ということで、スーパーカーのデビュー20周年に合わせて全アルバムのアナログ化、更に最早リリースされることはないとその存在すら忘れていたマイブラのリマスターもアナログ化です。

スーパーカーは何かあるならこのタイミングだとは思っていましたが、まさか全アルバムとは思っていませんでした。

しかし、JUMP UPはまさかのくるり超えの1LP4320円というトンデモ価格ですが、別にしょうがないと思ってしまうところが怖いところですね。

しかも2ndはボックスセットで既にアナログ化され持っているというのに。

買わないという選択肢はないようです。

今回のカッティングは小鐵さんを離れるということで、その辺も楽しみではあります。

www.110107.com

1stのビジュアルも解禁になっていますが、アナログ盤大型歌詞カード封入!って何か特典みたいに謳っていますが、それ元々の仕様ですからね。それ推すんだったら、オリジナルに忠実にタナソウ山崎洋一郎のライナーもちゃんと載せといて欲しいです。もちろんコードも

初回盤のCDケースはトリコロールカラーでしたが、その辺は特にスルーですかね。

ステッカーは確かに持っていた覚えがある気がしますがよく覚えていません。

2ndは白ケースでジャケのステッカーが付いていましたが、3rd,4thは特に特別仕様はなかったように思います。というか、発売日に買っていたので、通常盤を見たことがないだけなのかもしれませんが。

5thは初回盤は変則仕様で、アナログはピクチャーヴァイナルでしたが、どうリイシューされるでしょうかね。

5thは再収集開始直後はちょくちょく見かけていましたが、当時としては少し高目だったのでスルーしていたら近頃ではめっきり見かけなくなり、あったとしてもその時の倍くらいしそうなので、今回のリイシューも2LP価格なりそうですし、結局高くついてしまいましたね。いや、オリジナルを持っていたとしてもリイシューも買ってそうなので、*1結局持ってなくてよかったのかもしれません。しかも、外装は私の嫌いな塩ビだった気がしますし。

私が切に望んでいたのは4thのアナログ化だったので、現時点で3rdまでの予約しか受け付けていませんが、年明けに無事にリリースされることを祈るばかりです。

 

マイブラに関しては、現時点ではオフィシャルサイトのみのプレオーダー受付ですが、通常店舗でも取り扱いの予定ということで、まだオーダーはしていません。以前MBVがリリースされた時も最初はオフィシャルサイトのみリリースでしたが、のちにどこでも買えるようになりましたし。当時は、なんだ、だったら普通に買えるようになるまで待ったのにと思いましたからね。

amass.jp

ビジュアルも公開されていますが、今回のリイシューはGat仕様になるようですね。

となると、もしシュリンクがしてあった場合は中ジャケが見れないことになるのでそんなに嬉しくはないですかね。2LPになるわけでもないですし。

正直前回CDでリリースされたリマスターはまともに聴いていないので、今回はちゃんと手持ちと聴き比べしようかと思います。

今回のリリースは前回のリマスター時にリリース予定だったのに立ち消えになったアナログとは別物で、ケヴィンがまた新たにリマスターし直したっぽいんですかね?よくわかりませんが。

もしそうならば、アナログに関しては、オリジナル・Plainリイシュー・今回の3種類で、CDの前回のリマスター2種と合わせるとCDアナログ全バージョンとしてはオフィシャルでは5バージョンってことになりますかね? オリジナルがCDとアナログとマスターが違えば更に増えますが、そうなってくると最早どうでもいいというか、その辺に私の興味はないので。自分で言っといて何ですが。

それ以前に私のコンポはCDの部分が壊れていて聴けないので、元々論外なんですけどね。同じ機器で聴けないのでは比べようもないですし。

 

最近はあるオンラインゲームにハマってしまっていまして、なかなか写真を撮ったり、アナログを聴いたりする時間が取れず更新が止まってしまっていましたが、購入はぼちぼちしている・溜まっているので、時間がある時に上げて行きたいと思います。

*1:1st2ndのように

cibo matto / stereo☆type A

warner bros.

9 47345-1

2LP Gat

1999

US

 

オリジナルです。

知りませんでしたが、去年リイシューされているようです。

CD盤とはジャケ違い+CD盤の日本盤ボーナストラックである backseat が収録されているのは嬉しいところです。

当時はあの曲が入っていたので日本盤を買ったようなものなので。

何か勝手に グランドロイヤルのイメージがありましたが違いましたね。

ただ大野由美子が参加していることから何かしらの繋がりはあったんじゃないかと思います。

ショーンレノンもこの当時はメンバーですし。

個人的にはこの時代の空気に共鳴して創られた1999年を代表する作品だと思っています。

その思いに反して5年ぐらい前の市場では叩き売り価格でしたが。

今ではどうかわかりません。

 

f:id:altra:20170615124340j:plain

f:id:altra:20170615124428j:plain

f:id:altra:20170615124446j:plain

スピッツ / とげまる

universal music

UPJH-9041/2

2LP  Gat (reissue)

2017

JP

 

リイシュー盤です。

当初の予定通り購入は3枚にとどまりました。

 

さて、今回の仕様まとめです。

 

・ジャケ変更

結論から言うとジャケ変更はほぼ「なし」かと。

若干ですが仕様変更で多少変わっているものがあるくらいでアートワークの変更は「なし」と捉えていいでしょう。ま、全部隅々まで見比べたわけではないことは付け加えておきます。

とりあえず、とげまるは変更はなさそうです。

ただ、裏ジャケはスピッツのロゴと 30th anniversary の文字が刻まれていて多少の変更があるのかな? といった感じです。

オリジナルを覚えていないので、こればっかりはわかりません。

 

・ジャケ素材

これまでのアナログに使用されていた紙の素材にはアルバムによって若干の違いがありましたが今回のリイシューでは統一されているっぽいですね。

ま、これも飽くまで私が購入した3枚のサンプルを見比べただけの見解ですのであしからず。

 

・180g?

確か今回は180gの高音質盤とうたっていたはずですが、私が認識している重量盤とは違い、そう言われれば、通常より?多少?厚いかな?ぐらいなので、これを期待してると肩透かしを食らうかもです。

ま、そもそもの私の180gの認識が間違っているのかもしれませんが、この程度の重量で heavy weight とうたっている盤には出会ったことなかった気がします。

 

・封入物

ごくごくシンプルな歌詞カードのみです。

マンガも絵も帯も復刻はなしです。

 

・外袋にステッカー

私はシュリンクについているステッカーなども取っておく派です。

シュリンクを取ってしまった時はそのままジャケに貼ったりしてました。

細かい話になりますが、外袋は糊付で、しかも開く側にも糊がくっついてくるタイプなので、取り出す時に気を使います。うまく説明できているかわかりませんが、これってヘタするとジャケにくっついて最悪剥がす時にジャケが一緒に剥がれてしまう危険性があります。こんな外袋は取り出したらステッカーを取ってもう使わないんですが、今回のステッカーの貼り付き具合ったらなかったです。

普通アナログのステッカーって剥がれやすいのが定番だったんですけど。

醒めないのステッカーは外して糊なしの外袋に貼っていますが、そんな強力に貼り付いてることはなかったんですけどね。今回は非常に苦労しました。

そもそも以前は糊付きの外袋なんかじゃなかったんですけどね。

 

まとめとしては、私のようなレーベル柄がどうとか装丁にうるさい人にとってはオリジナルに取って代わるようなリイシューではなかったというとこでしょうか。

だからと言って今更万出してまでオリジナルを買おうとは思いませんが。

ま、最低限の補完はできたので、そこはよかったと思います。このリイシューがなかったらとげまるを所有することはなかったかもしれないですし。

逆に装丁の細かいところは気にせずジャケだけが目当て・音だけが目当て・CDの曲順に聴きたい!・オリジナルを買うお金はないけど、この値段だったら買えるという人にとっては価値のあるリイシューだったのではないでしょうか。

私は基本オリジナルにはこだわらない・リイシューで全然いい派ですが、今回ばかりは私の重視する項目が大分変更されてしまっていたので、オリジナル一択ですね。

 

f:id:altra:20170712233302j:plain

f:id:altra:20170712233327j:plain 

f:id:altra:20170712233346j:plain

 

リリース後1週間経ちましたが、ネットではアイテムによっては売り切れているところが結構出ているようですね。こういう時は足を使って探すに限ります。まだまだ実店舗では在庫を持っているところがあるでしょう。

しかし、今回はハチミツやフェイクファーが売り切れるのはわかるのですが、特にレアでもなかった*1インディゴが早い段階で売り切れてたのは意外でした。

そして、最難関LPのオーロラやオフィシャルリリースLPの中では最も手に入り難かったであろうこのとげまるはまだ普通に売れ残っています。

ということで、今回はオリジナルのレア度とかよりも好きなアルバムランキングの上から順に売り切れてくって感じなんじゃないでしょうか。

*1:というか、スピッツのアナログの中ではいちばん手に入りやすかった部類に入るであろうかと

stevie parker / blue

virgin, rough trade

VST2148, 00602557198263, LC03098

10"

2016

EU

 

前回の7"に続く10"です。

最近の新譜はLPよりも、7", 10", 12" が好調ですが、これも例に漏れず素晴らしい出来です。

売り方ひとつで化けるポテンシャルは十分に秘めていると思います。

ただ、hope sandoval の10" が売れ残っているのを見ると、私の予想はあまり当てにならないかもしれませんね。

あちらも素晴らしいシングルカットだと思うんですけどね。


f:id:altra:20170615223327j:plain

f:id:altra:20170615223356j:plain


こちらも前回と同様本体クレジットのみの情報です。

no doubt / don't speak

interscope records

INSP 95515

7" Ltd picture

1996

UK


この曲は私がインディーロックを聴き始めてから、間もなく初登場でチャート1位をとった曲です。

やはり1位になった曲は印象が強いものが多いですね。

one&one, beetlebum, breathe, i'll be missing you ... そういえば、全部アナログで集めてますね。


f:id:altra:20170110164742j:plain


ナンバリングがされていますが、何枚限定なのかは不明です。

最大で10000台のものも見受けられるので結構な量のプレス数だと思いますが、なかなか見つけることができませんでした。

その割に見かけると安価ではあります。