読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

death cab for cutie / something about airplanes

Barsuk Records

bark5lp

LP (reissue)

2014

US


去年、デスキャブの旧譜がまとめてリイシューされて、ずっと欲しかった2ndがようやく単体でリイシューされて個人的にはかなりアガったのですが、世間的にはそんなでもないみたいですね。

blur の時のデジャヴのような感じです。


1stのオリジナルは万超え、2ndのオリジナルは確か300枚限定でようやく見つけたと思ったら状態最悪で泣く泣く諦め、3rdは見たこともない。

で、リイシューはされてるけどボックスのみで2万以上してて手が出ない。っていう壊滅状態だったんですけどね。


こうしてみると、blur より状況は悪かったように思います。

それが、やっと単体お手頃価格でリイシュー!ってなったらアガると思うんですけどね。

何だかあんまり売れてないみたいで、ちょっと世間とは温度差がありますね。デスキャブはある程度ファンは多いと思ってたんですが。アナログの需要が少ないってことなのかな。


で、1stから3rdまでまとめて買ったんですが、久しぶりに聴いたら私の中でそんなに序列の高くなかったこの1stがいちばんよかったんですね。

この後洗練されていく前の、ポストロック的な感じとか非常に好みでした。特にB面の最終曲に向けての流れと最終曲の高揚感と言ったらないです。

ある人はそれを実験的と言うんでしょうけど。私にはそれがよく響きましたね。


f:id:altra:20150127133322j:plain

f:id:altra:20150127133336j:plain

f:id:altra:20150127133351j:plain


そして、アートワークが凝っているのも素晴らしいですね。