読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coastal / winter

dreams by degrees

 DEG 001

10"

2002

US


slocoreslowlifeの生みの親 coastal 唯一の10"です。

slocore とは当時彼らが自らの音楽性を表すのに使っていた言葉です。

'90年代末期、ブリットポップが終焉を迎え、その後に立っていたのは travis ただひとりだけ。目の前には、正しく the man who のジャケような光景が広がり、その残った世界にさえとどめを刺すかのようにKID A がドロップされた後にはもう何も残っていませんでした。

その後、新たな何かを欲するように使われ出したのが post rock や sad core 、slowcore という言葉でした。*1

その中であえて slowcore ではなく slocore という言葉を使った彼ら。これはただの感覚でしかないのですが、彼らの世界観を表現するのにピッタリな言葉だと思いました。

それを気に入って拝借させてもらってるというわけです。


さて、この10"ですが当時レーベルから直で買ったので、日本で売られていたかどうか定かではありません。

価格も忘れてしまいました。

当時はそんなの気にしないで好きなだけ買ってましたからね。

アナログなんて数える程しか買ってない時期なので、余程欲しかったのでしょう。

CDでのリリースはなかったですし。


内容ですが、season series の第1作目になります。このシリーズは無事に春夏秋冬と4作リリースされるのですが、次の color series は青橙白と3作予定されていたものの、とうとう最後の白はリリースされないままレーベルの歴史は幕を閉じてしまいました。好きなレーベルだっただけに非常に残念です。

その最後のセールの時、season series をまとめて買うと、そのCDもついてくるってことで、CD音源欲しさにダブりも気にせず買った覚えがあります。船便で1カ月以上かかりましたかね。

そんなわけで、この10"は2枚持ってます。

前置きが長くなってしまいましたが、"winter" というタイトルに相応しい心温まる音楽です。特筆すべきは cocteau twins のカバーでしょう。

オリジナルは未聴ですが、これ目当てに買ったようなものですから。

discogs にも1枚だけ出品されていますが、なんせ弱小レーベルからのリリースなんで、プレス枚数なんてたかが知れてるでしょう。

これも見つけるのは運しかないですね。


f:id:altra:20150225150505j:plain

f:id:altra:20150225150520j:plain

*1:R&Rリバイバルなんてのもありました。エレクトロニカが出始めたのもこの頃ですかね